京の四季


 
 茂山千の丞先生のプロデュースで、京の四季を狂言と落语と朗読と京舞で楽しんで

いただきました。

 谷崎润一郎先生が茂山家と恳意になさっていて、「月と狂言师」という作品があります。

それを朗読させていただき、その中のお月见模様を茂山家の皆様で再现(?)されたり、

细雪の小舞をやはり谷崎先生が茂山家のために作られていて、小舞と朗読を一绪にやらせて

いただいたり???夏は五郎兵卫师匠の落语、そして、京都只园の舞妓さん芸姑さんの京舞と

盛りたくさんでした!能舞台でしたので、紧张しました????

笛の帆足正规先生

茂山千之丞先生

露の五郎兵卫师匠
朗読は难しい!
これは月と狂言师のお稽古风景
手缔めをしましょうか???と???
どうぞよろしゅうお頼申します???
米朝师匠より年上の千之丞先生!

いやあ???お若いのに改めて惊きました!!